トップ

インプラントの失敗例

インプラント注意点

歯周病

インプラントの失敗について

インプラント治療で失敗例として報告されているのが、細菌の感染により人工歯根が脱落してしまうことです。せっかく顎の骨に埋め込むことができても、歯周病などの細菌に感染して骨が溶けてしまうと抜けてしまうのです。その失敗した原因の一つに、口の中の細菌を安全な状態にまで除去できていないのに、人工歯根を埋め込んでしまうことがあります。そのためインプラント治療の前には、歯周病や虫歯などの治療を終え、口の中の細菌の数を安全なレベルまで減らして、その検査をする必要があります。最近では、ほとんどの歯科医院で細菌対策を行い、検査をしっかりやっているので、リスクは低いものとなっています。

失敗しない治療を受けるため

インプラントとは、歯の無くなってしまった部分の骨に金属製の歯の根のような形のものを埋め込み歯の機能を回復させるものです。保険外診療になるため治療方法・料金は歯科医院によって異なります。なので、治療を受ける歯医者選びは重要になってきます。治療期間も長期に渡るものなので先生との相性も大切です。失敗しないインプラント治療を受けるための歯医者選びで重要なことは、しっかりと自分が納得いく説明を受けることができるかです。疑問点などがあれば先生やスタッフに質問をして疑問のない状態で治療をスタートさせましょう。気になることをすぐに聞けるような雰囲気の歯医者であることも重要です。

↑PAGE TOP