トップ / インプラント治療後も定期的通院

インプラント治療後も定期的通院

インプラント後には

歯周病

インプラントに起きる歯周病

歯周病の病状は、インプラント治療を行った歯の周辺にも現れる事があります。人工歯である事から、通常とは異なった状況で進行するのが特徴です。まず構造物である人工歯には血管が通っていない為、炎症に対する抵抗力が強くありません。従って歯周病による炎症が、急速に広がり易いという側面があります。加えて構造物がぐらついてしまう程の進行レベルに至らない限りは支障なくモノを噛める場合が多いのですが、それ故にインプラントの場合は病気進行に気付き難い場合があります。従って構造のケアも兼ねて、定期的な通院で口腔の状態をチェックして貰う事が重要となります。

歯周病は怖い病気です

虫歯よりも怖いのが歯周病です。歯と歯茎の間にはバクテリア堆積物のひとつで歯垢がたまりやすいのですが、それを放置していると歯茎が炎症を起こし、口臭の原因ともなります。さらに症状が悪化すると、最終的には歯槽膿漏となり、歯を抜かなければならなくなります。歯周病の悪化によって歯を抜くことになった場合、インプラントなどによって治療を行うことができますが、顎の骨まで症状が悪化してしまうとできなくなってしまうこともあるので要注意です。そうならないためにも、日ごろからの歯みがきと、定期的に歯科医院で歯石を除去してもらうことが大切です。インプラント治療のためにもしっかりと気をつけておきましょう。

↑PAGE TOP